市議会って何をするところ?

2017年3月10日

市議会は何をするところ?ヘッダー

市議会とは?

わたしたちの暮らしている泉大津を、住みやすい「まち」にするためには、市民がみんなで話し合い、どのようなことをしたらよいかを決め、これを行っていくのが、もっとものぞましいことです。
しかし、多くの市民が一か所に集まって話し合うことは、大変むずかしいので、市民の中から代表者を選んで市民に代わって大切な仕事をしてもらうことにしたのです。
この代表者が、市議会議員と市長です。
市議会は、市議会議員が集まって、市民全体の幸福のために、どんな仕事をしたらよいかを相談して決めるところです。

市議会議員はどうやって決めているの?

議員は、4年ごとに行われる選挙で選ばれます。議員になれる人は25歳以上、選ぶことができる人は18歳以上の泉大津市民と決まっています。
泉大津市の議員の数は現在16名です。(定数は17名)

市議会の仕事は?

市議会では、おもに次のようなことをしています。

  1. 市のきまり(条例)を決めること
  2. 市のお金をどのように使うか(予算)を決めること
  3. 市のお金が正しく使われているか、市の仕事が正しく行われているか調べたり、意見を言ったりすること

 

 

 

市議会説明図

市議会って何をするところ?どこで話し合っているの?市議会クイズ

 

より良いホームページとするためにみなさまのご意見をお聞かせください。