議会の仕事

2015年7月21日

議決

 市議会では市長や議員から提出された議案を審議して市議会の意思を決めます。これは市議会の仕事の中で最も代表的なもので、議決といいます。

 議決する主なものは、次の通りです。

・条例を新設、改正、廃止すること。

・予算の決定、決算の認定をすること。

・市の税金、使用料、手数料などに関すること。

・重要な契約を結ぶこと。

・副市長、教育委員、監査委員などの選任に同意すること。

・このほか、議長や副議長の選挙、特別委員会の設置など、市議会内部のことを決定すること。

 

市政の調査と監査

 市の仕事が正しく行われているか調査したり、報告を求めたりすることも市議会の大切な仕事の一つです。

 また、監査委員に事務の執行状況や出納の検査など専門的な監査を求め、その結果を報告してもらうこともできます。

 このほか、議員が会議で「一般質問」を行ったり、委員会で質問等を行うことでも市政をチェックしています。

 

意見書・要望書の提出

 私たちの生活にかかわる身近な問題でも、それが国や府の仕事であるため、市では解決できないことがあります。

 このような時、市議会では、市議会の意思を「意見書」や「要望書」にして、国や大阪府に対し積極的な解決を求めていきます。